2011年01月26日

スネアドラムの練習

トレーニングドラム 初心者
ドラム菅沼01.jpg
練習すれば何とかなると思っていたら、さっぱり上達できず焦っていた私でも、
今では曲調に合わせて叩き方をアレンジできるようになった方法がこちら



以前の私はというと、恥ずかしながら本当にこんな感じでした。汗





images (4).jpg

■リズム感がなく、楽譜も読めないので困っている

■時間がなく、少ししか練習できないので、一向に上達しない

■期限が迫っているのにミスばかり

■ドラム教室に通うほど時間やお金に余裕はない

■ドラム上達に行き詰まっている



それでも、ドラムの達人!60日間上達プログラムのおかげで、

随分とましになりまして、今ではこんな感じです。


images (2).jpg

■楽譜からリズムを正確に読み取ることができるようになる

■即興でリズムを作ることができる

■いろんなジャンルの曲に合わせていけるようになる

■ドラムの練習が楽しくて仕方なくなる

■自分のミスで演奏を止めてしまうことがなくなる







別にプロを目指しているわけではなく、

みんな出やっているアマチュアバンドで楽しく演奏ができれば良いので、

これくらい上達すれば十分です。


このマニュアルをまとめてくれた菅沼孝三さんには、本当に感謝です。

images.jpg



実際にお会いしたわけじゃありませんが、練習にちょっと行き詰まった時に的確なアドバイスをいただいて、

CHAGE&ASKAやGACKT、acid blackcherryなどなど、そうそうたるアーティスト達のドラムを担当するだけあるなと感じました。
菅沼さんの詳しい実績やプロフィール情報はこちらにあります。

ドラム菅沼05.jpg




本当は、「菅沼孝三ドラム道場」に通いたかったんですが、

自分の家の近くにはなかったのでそれは無理で、その代わりにドラムの達人!60日間上達プログラムを選んだのですが、

このマニュアルでも、道場に通うのと同じくらいの効果があるんじゃないかと思っています。


images (3).jpg

60日で課題曲3曲というのは、私にとってはちょっとハードルが高いように感じていたのですが、

やってみると、徐々にステップアップしてくように工夫されているので、予想以上にとんとん拍子で進めていけました。


もちろん、必要なテクニックもその中で身につけられるようになっています。







具体的な内容についてはこちらに詳細な説明がありますので、

ここでは私が実践してみてポイントだなぁと感じた点をいくつか紹介すると、


ドラム菅沼06.jpg

■基本の8ビートからジャズの4ビート

■スティックの握り方

■楽譜だけだと意味が分からない練習が一発で理解できるようになるエクササイズ

■揃える物から曲を叩く前に知らないといけないこと

菅沼孝三さんの直接サポート


こういった感じです。





ドラムの達人!60日間上達プログラムのホームページには、他に実践した人たちの感想がいくつか掲載されているので、

そちらも見てみると良いと思います。



ドラム菅沼07.jpg

ドラム最高です!!

見てからやるので自信が付きます。

ドラマーとしてバリバリとライブに勤めます!




あなたも、嫌々ながら練習をするようなことはやめにして、

楽しくドラムを練習して、自分の思い通りに叩けるようになりませんか?


images (1).jpg


60日でドラムに必要な基礎技術がすべて身につく練習法を実践してみるにはこちら









石塚あゆみ b-upガールズ ネタバレ
B-UPガールズバストアップ効果
別れた彼女を取り戻す

posted by 菅沼孝三 at 09:42| ドラム スティック 握り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。